1. トップページ
  2. 分類でさがす
  3. 健康・福祉
  4. 予防接種
  5. 予防接種(こども)
  6. 小児インフルエンザ予防接種費用を一部助成します

ここから本文です。

掲載日:2022年10月1日更新

小児インフルエンザ予防接種費用を一部助成します

小児インフルエンザ予防接種費用を一部助成します

 任意予防接種である小児インフルエンザ予防接種を希望する下記の方を対象に、期間内に1回のみ助成します。

●申込および接種期間 令和4年10月1日~令和5年1月31日

●対象者  接種日において生後6か月以上中学3年生までの方

●自己負担 接種費用から助成金額1,500円を差し引いた額(接種費用は各医療機関にお問い合わせください)

●医療機関 
町内の医療機関:秋葉医院、服部内科胃腸科医院、至誠堂総合病院附属中山診療所、たかはし元気クリニック、安藤医院
町外の医療機関:中山町小児インフルエンザ予防接種助成事業に協力する医療機関(健康福祉課へ申し込みの際にお問い合わせください)

●申込方法 
町内医療機関での接種を希望する場合:年齢と住所が確認できるもの(医療証など)及び母子健康手帳をお持ちのうえ、医療機関の窓口に直接お申し込みください。
町外医療機関での接種を希望する場合:年齢と住所が確認できるもの(医療証など)及び母子健康手帳をお持ちのうえ、健康福祉課窓口(保健福祉センター内)にて費用助成の申し込みを行ってください。医療機関への予約は別に行ってください。

●接種時の持ち物  
(1)母子健康手帳
(2)年齢と住所が確認できるもの(医療証など)
(3)小児インフルエンザ予防接種予診票(申し込み時にお渡しします)
(4)自己負担金

※接種を希望される方は上記接種期間をご確認いただき、医療機関でのワクチン準備のため事前に予約の上、接種を受けてください。

インフルエンザ予防接種を希望される方へ

●ワクチンは流行前に受けましょう
 接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかり、その効果が十分に持続する期間は約5か月間とされています。より効率的に有効性を高めるためには、毎年インフルエンザが流行する前の12月中旬までに接種を受けておくことが必要です。

●接種にあたって
 予防接種の効果や副反応などについて、よく理解した上で接種を受けてください。詳しくは、接種申し込みの際に配布している説明書をお読みください。

●接種後の注意事項
・予防接種を受けた後30分間は、急な副反応が起こることがあります。医師とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。
・インフルエンザワクチンの副反応の多くは24時間以内に出現しますので、特にこの間は体調に注意しましょう。
・入浴は差し支えありませんが、注射した部位を強くこすることはやめましょう。
・接種当日は通常の生活をしてもかまいませんが、激しい運動は避けましょう。
・接種後、接種部位の異常反応や体調の変化がある場合はすみやかに医師の診察を受けましょう。
その他
・明らかに発熱のある人(一般的に、体温が37.5℃以上の場合)や、重い急性疾患にかかっている人などは接種を控えてください。
・小児インフルエンザ予防接種については、原則保護者の同伴が必要です。同伴できない場合、保護者からの委任状(予診票裏面への記入)があれば親族等の同伴が可能です。

【重要】
・医療機関によっては対象の要件を定めている場合があります。予約の際に各医療機関へ接種可能かお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先

ページ上部へ