1. トップページ
  2. 分類でさがす
  3. 暮らし・手続き
  4. 相談
  5. 暮らしの相談
  6. 【消費生活の窓口から】「催眠商法」に気を付けましょう!

ここから本文です。

掲載日:2019年2月15日更新

【消費生活の窓口から】「催眠商法」に気を付けましょう!

~狙われているのは、高齢者のみなさんです!!~

 「『催眠商法』に遭い、高額な商品を買ってしまったが返品したい」という相談が県内で増えています。
催眠商法」とは・・・
◎商品が陳列されておらず、自由に選べない状態で、
 ・日用品等をタダ同然で配り、客の気持ちが高ぶったところで
 ・高額な健康器具健康食品(サプリ)布団類などを取り出して売りつける、
主に高齢者の皆さんを狙う悪質な販売方法です。
  《主な集客方法》広告チラシ等で「先着○名様に卵を50円で販売」、「洗剤無料引換券プレゼント」等と
         宣伝し客を集めます
  《主な集客場所》民家の敷地・車庫、スーパーの敷地、空き倉庫、閉店したドラッグストアやコンビニ等
         
の空き店舗

【アドバイス】
 ◆チラシ等の「格安」「無料」「プレゼント」という誘い文句につられて会場に行かない・近寄らない
 
ように しましょう。
 ◆「高額商品の販売が真の目的」と認識し、不要な商品の購入はきっぱり断りましょう
 ◆困った時や少しでも不安に思った時は、消費生活相談窓口や警察(#9110)に相談しましょう

 

※ご相談、お問い合わせ先 
 中山町消費生活相談窓口(住民税務課 住民G内) ☎662-2593

 

ページ上部へ