1. トップページ
  2. 組織で探す
  3. 住民税務課
  4. 8月1日から保険証が新しく変わります

ここから本文です。

掲載日:2018年7月15日更新

8月1日から保険証が新しく変わります

 現在、町の国民健康保険に加入されている方がお持ちの保険証は、有効期限が「平成30年7月31日」となっています。8月からの新しい保険証は、7月下旬に世帯分一括で世帯主様宛に郵送します。保険証が届きましたら、内容をよくご確認ください。
 なお、新しい保険証の有効期限は、次の方を除き、平成31年7月31日となります。
  ・退職者医療制度に該当しており、平成31年7月31日までに65歳の誕生日を迎える方
  ・平成31年7月31日までに70歳の誕生日を迎える方
  ・平成31年7月31日までに75歳になる方(75歳からは後期高齢者医療制度に加入します)
  ・短期保険証、マル学保険証が交付される方
 

 平成30年4月から山形県も国民健康保険の保険者となったことから、保険証の様式が変わります。また、70歳から74歳の方の保険証が高齢受給者証と一体化します。保険証は個人ごとのカード式ですので、台紙からはがしてお使いください。

※ 有効期限を過ぎた保険証は、住民税務課3番窓口にお返しいただくか、個人情報が読み取れないよう裁断して破棄してください。

※ 社会保険等に加入しているにもかかわらず国民健康保険の保険証が届いた方は、国保をやめる手続きがお済みでないと考えられます。国保と職場の健康保険の両方の保険証、印かん、本人確認書類、個人番号カード(または個人番号通知カード)をお持ちの上、住民税務課3番窓口で手続きをお願いします。

このページに関するお問い合わせ先

ページ上部へ