1. トップページ
  2. 分類でさがす
  3. 暮らし・手続き
  4. 税金
  5. おもな税
  6. 地方税等の延滞金・還付加算金の割合について

ここから本文です。

掲載日:2017年7月10日更新

地方税等の延滞金・還付加算金の割合について

延滞金の割合は、納期限の翌日から1か月を経過する日までは特例基準割合(※)に年1%を加えた割合、1か月経過後は特例基準割合に年7.3%を加えた割合です。還付加算金の割合については、特例基準割合がそのまま適用されます。

詳しくは以下のとおりです。

区分延滞金の割合(年率)
(1)納期限の翌日から1か月を経過する日までの期間

特例基準割合+1%

(2)上記以降の期間特例基準割合+7.3%

※特例基準割合・・租税特別措置法の規定によって告示された割合に年1%を加算した割合

【例】特例基準割合が1.6%の場合、上記区分(1)が2.6%、(2)が8.9%

◆平成26年1月1日以降の期間に属する地方税及び保険料の延滞金・還付加算金に適用されます。

このページに関するお問い合わせ先

ページ上部へ