1. トップページ
  2. 分類でさがす
  3. 暮らし・手続き
  4. 移住・定住
  5. 各種補助金・助成金(定住)
  6. 奨学金の返還を支援します(若者定着奨学金返還支援事業)

ここから本文です。

掲載日:2019年12月15日更新

奨学金の返還を支援します(若者定着奨学金返還支援事業)

山形県若者定着奨学金返還支援事業

 将来の担い手となる若者の県内回帰・定着を促進し、県内の中核的企業等のリーダー的人材を確保するため、日本学生支援機構の奨学金の貸与を受け、大学等の卒業後に居住及び就業について一定の要件を満たす方に対して、山形県と中山町が連携して奨学金の返還を支援します。

※平成30年度事業以前の事業の募集要項等についてはこのページの下部に掲載しています。

※今年度の事業から、市町村連携枠の大学等の要件を拡大し、県外の短期大学及び県外の専門学校(専修過程)が追加されました。

令和元年度事業 募集要項

 募集対象者、居住及び就業等の要件、支援内容、応募方法等については、必ず各枠の募集要項をご覧ください。

【地方創生枠】 

【市町村連携枠】 

※募集要項や様式は申請書提出先でも配付しています。

両枠の申請書同時提出について

 両枠重複しての申請はできません。ただし、地方創生枠に申請する方は、市町村連携枠の申請書を同時に提出することができます。この場合、提出のあった市町村連携枠の申請書は、地方創生枠が不認定であった場合にのみ受理します。

 令和元年度事業申請イメージ [PDFファイル/171KB]

 

以下に掲載する内容は概要です。応募にあたっては必ず募集要項で詳細を確認してください。

令和元年度事業 募集対象者 

【地方創生枠枠】
 県内に居住して県内高等学校等を卒業した、日本学生支援機構の第一種奨学金(無利子)の貸与を希望するまたは貸与を受けている大学生等(令和元年度に大学等に在学中の方)。

【市町村連携枠】
 県内に居住して県内高等学校等を卒業した、日本学生支援機構の第一種奨学金(無利子)または第二種奨学金の貸与を希望するまたは貸与を受けている大学生等(令和元年度に大学等に在学中の方)。なお、今年度の事業から、大学等の要件を拡大し、県外の短期大学及び県外の専門学校(専修過程)が追加されました。

※対象奨学金について既に他枠または他事業による返還支援や減額、免除等を受ける予定である者を除きます。

令和元度事業 募集人数

【地方創生枠】
100名(山形県全体) 

 ※町への配分数は県全体の応募状況を考慮して決定されます。

【市町村連携枠】
 4名程度

 ※県内の募集状況により変動する場合があります。

 ※両枠ともに中山町及び県において応募書類等により審査を行います。

令和元年度事業 返還支援の方法

【地方創生枠】【市町村連携枠】
 助成候補者の認定を受けた者が大学等を卒業後、一定の住所要件、就業要件等を満たした場合、候補者が改めて申請することで、募集要項に記載の返還支援額を、県が本人に代わって日本学生支援機構に支払います。
 なお、返還支援額や卒業後に必要な手続き、要件等の詳細については、募集要項をご覧ください。

募集期間

 令和2年1月10日(金曜日) から 令和2年2月20日(木曜日) 午後5時(必着)
  

応募先・お問い合わせ先

中山町 総合政策課 政策企画グループ 電話662-4271

〒990-0492 山形県東村山郡中山町大字長崎120番地
 

その他

 

平成30年度以前の事業の要項等(認定後の手続き等にご利用ください)

このページに関するお問い合わせ先

ページ上部へ