1. トップページ
  2. 組織で探す
  3. 総合政策課
  4. 企業版ふるさと納税を募集しています

ここから本文です。

掲載日:2019年10月28日更新

企業版ふるさと納税を募集しています

企業版ふるさと納税を募集しています

 山形県中山町は、令和元年5月17日に国の文化審議会から文部科学大臣に重要文化財(建造物)への指定の答申があった旧柏倉(九左衛門)家住宅と、町指定有形文化財(建造物)旧柏倉惣右衛門家住宅を大切に保存しながら活用し、さらに芋煮会発祥の地という資源も連携させて、関係・交流人口を増やす地方創生の取り組みを行います。

 本事業にご賛同いただける企業様からの、企業版ふるさと納税制度(地方創生応援税制)を活用した寄附によるご支援をお願いします。

中山町企業版ふるさと納税リーフレット [PDFファイル/1.6MB]

1.寄附対象となる地域再生計画

「最上川舟運文化が育んだ紅花が彩る豪農屋敷とイモニケーションが生み出す関係・交流人口10倍プロジェクト」

 旧柏倉(九左衛門)家住宅

 柏倉九左衛門家は、近世から近代にかけて最上川舟運による紅花生産等で隆盛した豪農です。江戸後期から明治にかけての上層農家の形式を継承したその大規模な住宅は、漆塗や金箔で荘厳した仏間、室内を春慶塗で華やかに飾る前蔵など、村山地方における屋敷構えの特徴である上質な蔵座敷を有しており、令和元年5月、国の文化審議会から文部科学大臣に重要文化財(建造物)への指定の答申がされています。

 また、日本遺産「山寺が支えた紅花文化」の構成文化財であるとともに、日本農業遺産「歴史と伝統がつなぐ山形の『最上紅花』~日本で唯一、世界でも稀有な紅花生産・染色用加工システム」の大きな要素にもなっています。

旧柏倉(九左衛門)家住宅周柏倉家住宅と紅花畑

 

 

 旧柏倉惣右衛門家住宅

 柏倉惣右衛門家は、柏倉九左衛門家の分家であり、九左衛門家からの地続きにあるその住宅は、大正期の建築形態を色濃く残す優れた建造物として、平成10年12月に中山町指定有形文化財(建造物)に指定されています。

旧柏倉惣右衛門家岡地区の黒塀

 

 芋煮会発祥の地 中山町

 山形の秋の風物詩「芋煮会」は、江戸時代に最上川舟運の船乗りが出航を待つ間に船荷の棒鱈と地元の里芋を一緒に煮て食べたことが始まりとされ、松の枝に鍋を吊るした「鍋掛松」が残る中山町をその発祥の地としています。

 山形県中山町、島根県津和野町、愛媛県大洲市の芋煮は「日本三大芋煮」と呼ばれています。

日本三大芋煮のポスター
日本三大芋煮 [PDFファイル/1.29MB]

2.寄附金を充当する事業の概要

総事業費 

 144百万円(2019~2023年度)  地方創生推進交付金を併用しています

事業内容

  1. 旧柏倉(九左衛門)家住宅を希少性の高い里山と融合した豪農屋敷として保存し、一般公開するため、事務所やトイレなどの施設・設備を整備します。
     
  2. 旧柏倉惣右衛門家住宅を交流拠点として活用するため、トイレなどの施設・設備を整備するとともに、地元大学等と連携し、交流を生み出す事業の実証実験を行います。
     
  3. 両家住宅を巡る散策路を整備し、137年ぶりに復活した紅花畑を整備するとともに、駐車場や看板を整備します。
     
  4. 両家住宅や芋煮会を通じたコミュニケーション「イモニケーション」による観光周遊プランや、芋煮関連のお土産品を開発し販売します。
     
  5. 芋煮会を世界に発信するため、都市部などでのイベントを開催します。

 

3.企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)について

概要

 企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)は、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対し企業が寄附を行った場合に、寄附額の3割を法人関係税から税額控除する仕組みです。これにより、従来の損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)と合わせて、最大で寄附額の約6割が軽減され、実質的な企業の負担は約4割まで圧縮されます。

 

損金算入による軽減効果

約3割

国税+地方税

税額控除

3割

(法人住民税+法人税)+法人事業税

企業負担

約4割

 

 

企業版ふるさと納税の流れ

  1. 企業版ふるさと納税の検討・申し出 【企業】
    企業版ふるさと納税申込書を中山町に提出します(この時点ではまだ寄附金の払い込みは行いません)

     
  2. 事業の実施 【中山町】
    中山町が事業を実施し、執行が確実に見込まれる額の範囲内で寄附を受領することができるようになります

     
  3. 寄附金の払い込み 【企業】
    企業から中山町に寄附金を払い込みます

     
  4. 寄附金の受領書交付 【中山町】
    中山町が寄附金の入金を確認した後、受領書を交付します

     
  5. 税の申告 【企業】
    企業が4の受領書により、地方公共団体や税務署に対して地方創生応援税制の適用がある旨を申告し、税制上の優遇措置を受けます

留意点

  1. 1回あたり10万円以上の寄附が対象となります
     
  2. 中山町外に本社(地方税法における「主たる事務所または事業所」)がある企業が対象です
     
  3. 寄附に対する返礼品などはございません。中山町では、広報紙や町公式ホームページのほか、旧柏倉家住宅に銘板を設置して、企業版ふるさと納税をいただいた企業名を紹介する予定です。

 

5.企業版ふるさと納税の申し込み

企業版ふるさと納税の申し込みは、次の「企業版ふるさと納税申込書」に必要事項をご記入のうえ、メール、ファックスまたは郵送により下記申込先までご提出ください。

企業版ふるさと納税申込書 [Wordファイル/16KB] 企業版ふるさと納税申込書 [PDFファイル/239KB]

中山町企業版ふるさと納税リーフレット [PDFファイル/1.6MB]

 

6.企業版ふるさと納税をお申込みいただいた企業様のご紹介

 本事業にご賛同いただき、企業版ふるさと納税をお申込みいただいた企業様をご紹介します。

 ※公表についてご了承いただいた企業様のみ、お申込みいただいた順で掲載しております

企業名所在
 
小松建設株式会社山形市六日町8番14号
進和ラベル印刷株式会社上山市蔵王の森10番地
税理士法人黒沼共同会計事務所山形市旅篭町三丁目1番4号
日本地下水開発株式会社山形市大字松原777番地
株式会社EXCEED山形市清住町三丁目10番6号
渋谷建設株式会社山形市東青田五丁目1番5号
東北電化工業株式会社山形市青田三丁目9番18
峯田電器株式会社東村山郡山辺町1272番地の4
愛和建設株式会社山形市北町三丁目9番15号
株式会社平吹設計事務所山形市松波三丁目4番11号

 

7.申し込み、問い合わせ先

  〒990-0492 山形県東村山郡中山町大字長崎120番地

   中山町総合政策課 政策企画グループ

   (電話)023-662-4271 (ファックス)023-662-5176

   (メールkikaku@town.nakayama.yamagata.jp

 

このページに関するお問い合わせ先

ページ上部へ