1. トップページ
  2. 組織で探す
  3. 政策推進課
  4. 柏倉家住宅をはじめとした 村山地域に息づく「紅花文化」が日本遺産に認定されました

ここから本文です。

掲載日:2018年5月24日更新

柏倉家住宅をはじめとした 村山地域に息づく「紅花文化」が日本遺産に認定されました

 このたび、山形県と中山町を含む7市町が連携し、村山地域に息づく文化・伝統を語るストーリーとして「山寺が支えた紅花文化」をテーマに日本遺産認定申請を行っておりましたが、平成30年5月24日付けで文化庁から認定を受けました。

 

日本遺産(Japan Heritage)とは…

 地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」として文化庁が認定するもの。ストーリーを語る上で欠かせない魅力あふれる有形・無形の様々な文化群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図る。

 

■日本遺産認定申請者

山形県、山形市、寒河江市、尾花沢市、天童市、山辺町、中山町、河北町

 

■ストーリーの概要

山寺から始まった紅花栽培と紅花交易は莫大な富と豊かな文化をこの地にもたらした。石積も板黒塀と堀に囲まれた広大な敷地を持つ豪農・豪商屋敷には白壁の蔵屋敷が立ち並び、上方文化とのつながりを示す雅な雛人形や、紅花染めの衣装を身に着けて舞う舞楽が今なお受け継がれ、華やかな彩りを添える。この地の隆盛を支えた山寺を訪れ、今も息づく紅花畑そして紅花豪農・豪商の倉座敷を通して、芭蕉も目にした当時の隆盛を偲ぶことができる。

 

■中山町の関わり(ストーリー構成文化財)

(1) 紅花畑の景観 (2) 最上川  (3) 紅餅の製作技術  (4) 紅花まつり

(5) 旧柏倉家住宅及び収蔵資料 (6) ひな市(ひなまつり) (7) 芋煮

(8) おみづけ(近江漬け)

 

■中山町における平成30年度の取組み予定

(1) 紅花畑の景観

江戸時代に村山地域を代表する紅花生産量を誇った柏倉九左衛門家の紅花栽培を、137年ぶりに平成25年から復活させ、平成30年度からは町全体の取組みとしております。柏倉九左衛門家周辺では7月上旬に開花が予想され、無料でご覧いただけます。

benibana

 

(2) 紅花まつり

柏倉九左衛門家周辺の紅花の開花期間に合わせ、平成30年7月7日及び8日に「柏倉九左衛門家紅花まつり」を開催いたします。

benibanahuukei

 

(3) 旧柏倉家住宅の公開

旧柏倉九左衛門家住宅は、現在一般公開は行っておりませんが、「柏倉九左衛門家紅花まつり」に合わせ、「日本遺産認定記念 旧柏倉九左衛門家特別公開」として同期間中無料で一般公開いたします。

一般公開日時
・7月7日(土)10時~16時
・7月8日(日)12時~16時

koukuusyasin

 

(4) 芋煮

最上川舟運に携わった船頭や商人たちが、中山町長崎の川岸の松(鍋掛松)に鍋を掛け、地元の里芋と荷の棒鱈を煮て食べたのが芋煮会の発祥とされており、その元祖芋煮の振舞いなどを行うイベント「元祖芋煮会in中山」を平成30年9月29日に開催いたします。

imobou

 

■日本遺産関係サイト

柏倉九左衛門家サイト<外部リンク>(現在一般公開は行っておりませんが、建物内はこちらからご覧いただけます)

文化庁日本遺産サイト<外部リンク>

山形県日本遺産サイト<外部リンク>

 

■ お問い合わせ先

(1) 日本遺産・柏倉九左衛門家の文化的価値に関すること

  中山町教育委員会教育課 Tel 023-662-2235

(2) 紅花栽培・柏倉九左衛門家紅花まつり・元祖芋煮会in中山に関すること

  中山町産業振興課 Tel 023-662-2114

(3) (1)(2)以外に関すること

  中山町政策推進課 Tel 023-662-4271

このページに関するお問い合わせ先

ページ上部へ