ここから本文です。

掲載日:2019年2月8日更新

請願・陳情

請願

  請願は、議会を通じて国・県・町に要望等を述べることであり、請願権は憲法によって認められた国民の基本的権利の一つです。

   請願をする際は、1人以上の紹介議員(請願の内容に賛意を表する議員)の署名(または記名押印)が必要となります。

   提出された請願は、それぞれ所管の委員会、本会議で慎重に審議されます。その結果、内容が妥当と認められるものは採択され、町長等その他関係機関に実現の要望をしたり意見書等を提出したりします。

   なお、審査の結果については審査終了後に請願者に通知いたします。

陳情

  陳情は、請願と同じく議会を通じて国・県・町に要望等を述べることですが、大きく違うのは町議会議員の紹介を必要としないことと法律上定めがないことです。

   また、陳情は原則としてその写しを全議員に配付するのみの取り扱いとなります。

   なお、陳情については提出者への結果通知は行いません。

請願・陳情のしかた

  提出された請願・陳情は、年4回開催される定例会(6月、9月、12月、3月)で審査されます。

  なお、定例会ごとにそれぞれ提出期限がありますので、提出予定の方はお早めに議会事務局までお問い合わせください。

  請願(陳情)書の書式は特に決まっていませんが、請願(陳情)書は、日本語を用い、趣旨、提出年月日、提出者の住所及び氏名(法人の場合にはその名称及び代表者の氏名)を記載のうえ、押印して議長あてに提出してください。

   なお、請願には1人以上の紹介議員が必要となりますが、陳情の場合、紹介議員は必要ありません。

   書式例は下記のとおりですので作成の際は参考にしてください。

 

   請願(陳情)書書式例 [Wordファイル/20KB]

 

ページ上部へ