ここから本文です。

掲載日:2017年7月10日更新

生垣設置奨励補助金

1.このような生け垣が補助の対象です

  • (1)町民が新たに設置する生け垣であること。
  • (2)道路、公共施設等に面する部分(1m以上)を含み、その全延長が3m以上であること。
  • (3)生け垣用樹木は、列状に配し、高さは前面道路から1.5m程度、境界から樹木までの距離は 0.3m以上とし、延長1m当たり2本以上であること。
  • (4)住宅敷地、事務所等の敷地内に設置されるものであること。
  • (5)ブロック塀の内側への植栽は、補助の対象になりません。

2.補助金の額

生け垣設置に要した費用のうち、樹木購入費用(消費税は含みません)の2分の1、または、生け垣設置距離1m当たり3,000円のいずれか低い額とし、70,000円を限度とします。

3.生け垣の樹種

特に限定はしませんが、本町の気候風土に適したものを選んでください。
なお、果樹に害を及ぼす恐れのある樹木(イブキ、ビャクシン類等)は、補助の対象となりませんのでご注意ください。

【参考】生け垣奨励樹種

  • ○常緑針葉樹…イチイ、ヒバ類
  • ○常緑広葉樹…ツゲ類、マサキ、ヒイラギ、ハクチョウゲ、ツバキ類、シラカシ、ベニカナメモチ、サザンカ 
  • ○落葉広葉樹…ムクゲ、モミジ、ツツジ類、ボケ、ウコギ、カラダチ、ドウタン

4.手続きや管理について

申請(植える前に)―1回目の手続き

次の3つを準備して、申請してください。

交付決定通知

町から通知されます

報告と補助金請求(植栽完了後)―2回目の手続き

現地確認(完成検査)

町の担当者が訪問します。

額の確定

町から通知されます

補助金の交付

あなたの口座に振り込まれます。

管理

大切に育て、原則として5年間は、抜き取り、改植、移植をしないでください。

このページに関するお問い合わせ先

ページ上部へ