ここから本文です。

掲載日:2017年7月10日更新

町営広瀬住宅

町営住宅とは・・・

住宅に困っている所得の低い方のために、町で運営している公的な住宅であり、最小の経費で最大の効果をあげられるように運営することが求められています。
 前の入居者が退去した後に補修を行っていますが、一般生活を送るのに支障のない範囲のものは補修を行っていません。建築後経過した年数に応じたいたみがあります。

民間住宅との違いは・・・

 

  • 安い家賃で入居できます。入居される方の収入によって家賃が決まりますが、住宅の経過年数や利便性を反映した家賃体系になっています。
  • 公営住宅法に基づいた管理運営がなされています。入居される方にも保守管理義務や収入申告義務が生じます。
  • 入居申し込みに当たって、室内の下見はできません。入居予定日以前には、窓口で間取りなど住宅の内容について説明いたします。

 

入居申し込み方法

入居募集については、随時、お知らせ版やホームページで申し込み期間、募集戸数等をお知らせします。

申し込みは役場2階 建設課建設整備グループに必要書類を準備のうえ、お申込ください。その場合、本人または同居する親族の方がお出でください。

入居までの流れ

  1. 申し込みの受付
  2. 実態調査の実施
  3. 公開抽選(募集戸数よりも上回って応募があったときは、公開抽選で入居申込順位第1位の方を決定します。)
  4. 入居決定及び通知
  5. 入居の手続き
  6. 入居(申し込みに不正があった場合は、受付と入居が取り消しになります。)

入居申し込みのできる資格

  • 現在、住宅に困窮していることが明らかであること。
  • 原則同居する親族がいること。
  • 公営住宅法における収入基準額が月額15万8千円以下であること。ただし、高齢者、障がい者等政令で定めるものについては、月額21万4千円以下であること。
  • その者または現に同居しようとする親族が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。
  • 町税の滞納がないこと。

入居申し込みに必要な書類

  • 町営住宅入居申込書 [Wordファイル/45KB]
  • 住民票謄本(申込者及び同居親族の世帯全員分)
  • 申込者及び同居親族の所得を証明する以下の書類

    ・最新の所得証明書
    ※16歳未満の方や高校在学中の方は不要です。

  • 納税証明書(申込者の分のみ)
  • その他必要と認められる書類

入居についてのきまり

  • 入居決定者は、入居決定の通知を受けた日から10日以内に保証人(入居者と同程度以上の収入がある方)が連署する「請書」など所定の手続きを完了しなければなりません。
      また、入居決定の通知を受けた日から10日以内に家賃の3ヶ月分を敷金として納入していただきます。
    ※期限内に完了しない場合は入居取り消しとなりますのでご注意ください。
  • 家賃のほかに、電気、ガス、水道使用料金、下水道使用料金及び共同の電気料金等の負担が必要となります。
  • 犬、猫等のペットの飼育は一切できません。
  • その他、住宅の使用上の必要事項については、入居手続きの際にご説明します。

※規則に反する行為があった場合は住宅を明渡ししていただきます。

このページに関するお問い合わせ先

ページ上部へ