ここから本文です。

掲載日:2017年7月10日更新

中山町の福祉サービス

 サービスの中には、所得制限、年齢制限または障がいの程度などの要件があるものや、申請に必要な持ちものなどもありますので、詳しい内容については担当までお問い合わせください。
 (「障がい」と「障害」の表記については、法令等で定められているもの以外は「障がい」と表記しています。)

介護サービス

介護保険ページをご覧ください。

配食サービス

対象者65歳以上の一人暮らし高齢者または高齢者のみの世帯で、老衰、心身の障がい等により食事の調理が困難な方
内容週2回(火・金)、昼食を配達するとともに、利用者の安否確認を行います。
費用1食300円

移送サービス

対象者寝たきり状態のため普通車両では外出が困難な高齢者または重度障がい者(児)
内容町が指定した民間の移送サービス事業者の特殊車両を利用して外出した場合、年4回を限度として支援します。
費用1回5,000円(5,000円未満の場合はその額)

緊急通報装置貸与

対象者おおむね65歳以上の一人暮らしの高齢者、高齢者のみの世帯または身体障がい者のみの世帯で、町民税所得割が非課税の世帯
内容緊急通報装置を貸与し、急病や災害になった場合の緊急連絡に対応します。
費用無料

車いす短期貸付

対象者急なけがや旅行などにより、一時的に車いすが必要となった方
内容2週間を限度として車いすを貸し出します。
費用無料

紙おむつ支給

対象者寝たきり、認知症または障がい等のために常時失禁状態が1か月以上続いており、かつ、次の(1)~(4)いずれかの要件に該当する方で、世帯の最多納税者の前年分(4月、5月申請については前々年分)の所得に対する町民税が133,000円未満の方
  1. 要介護認定において要介護3から要介護5までの認定を受けている方
  2. 要介護認定において寝たきり状態の判定を受けている方
  3. 要介護認定において重度認知症の判定を受けている方
  4. 要介護認定を受けていないが、上記(1)~(3)の要件と同程度であると認められる方
内容1人5,000円分/月を上限に紙おむつを自宅に配達支給します。
費用無料

「ゆ・ら・ら」入浴券への助成

対象者満70歳以上の高齢者、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者
内容入浴券を購入する場合に助成します。(※申請窓口は、ひまわり温泉ゆ・ら・ら)
費用入浴券14枚綴り1冊(3,000円)につき500円
障がい児(小学生)は、14枚綴り1冊(1,500円)につき250円

高齢者福祉電話貸与

対象者低所得者(町民税所得割非課税)で、おおむね65歳以上の一人暮らし高齢者
内容周囲と連絡を取れる環境を整えるため、電話機を貸与します。
費用通話料は本人負担

福祉バスの料金減免

対象者身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳所持者
内容福祉バスを利用する場合に、大人100円(11枚綴り回数券1,000円)、こども50円の料金を半額に減免します。

福祉タクシー利用券の交付

対象者
  • 身体障害者手帳所持者で次の等級に該当する方
    視覚:1~4級、聴覚:2・3級、上肢:1~4級、
    下肢:1~5級、体幹:1・2・3・5級、内部:1・3・4級
  • 療育手帳所持者でAの方
  • 精神障害者保健福祉手帳所持者で1~3級の方
内容 タクシー利用券(1枚600円)を年間最大27枚交付します。
    (※年度内途中申請の場合は、月数に応じた枚数になります)
 交付は「福祉タクシー利用券」と「福祉給油券」のどちらか一方となります。

福祉給油券の交付

対象者車を自ら運転する身体障害者手帳所持者で次の等級に該当する方
   視覚:1~4級、聴覚:2・3級、上肢:1~4級、
   下肢:1~5級、体幹:1・2・3・5級、内部:1・3・4級
内容給油券(1枚1,000円)を年間最大12枚交付します。
(※年度内途中申請の場合は、月数に応じた枚数になります)
交付は「福祉タクシー利用券」と「福祉給油券」のどちらか一方となります。

介護者激励金の支給

対象者在宅の「寝たきり・認知症の高齢者」または「重度障がい者」で要介護4~5または障がい程度区分5~6と認定されており、日常生活において一定の介護を必要とする方を、6か月以上継続して介護している家族
内容年50,000円の激励金を9月または3月頃に支給します。
※申請の案内は、お知らせ版で周知します。

人工透析患者交通費の助成

対象者人工透析療法を受けるため、医療機関への往復にバス、電車、自家用車を利用している方
(ただし、医療機関の送迎用バスなどの利用の場合は除かれます)
内容年2回(9月、3月頃)、交通費の一部を助成します。
※申請の案内は、お知らせ版で周知します。

補装具の交付

対象者身体障害者更生相談所の判定により、補装具の必要性が認められた方
内容身体障害者手帳を所持している方が、職業や日常生活の利便を図るために必要な補装具の交付や修理を行います。【補聴器、義眼、盲人用つえ、義肢、車いす、座位保持装置など】
費用原則1割負担(町民税課税状況や本人の収入に応じた負担上限あり)

(障害者総合支援法)障害福祉サービス、(児童福祉法)障害児通所支援

対象者町から利用の決定を受けた方(障がいの程度、本人や家族の状況、要望等をもとに決定します。)
内容自宅での介護や日中活動等の支援、施設への入所等のサービスが受けられます。
  • 介護の支援(障害福祉サービス)
    居宅介護(ホームヘルプ)、重度訪問介護、行動援護、児童デイサービス、生活介護、施設入所支援、ケアホームなど
  • 訓練の支援(障害福祉サービス)
  • 障害児通所支援
    放課後等デイサービスなど
費用原則1割負担(町民税課税状況や本人の収入に応じた負担上限あり)

(障がい者)地域生活支援事業

対象者町から利用の決定を受けた方(障がいの程度、本人や家族の状況、要望等をもとに決定します。)
内容障がい者の地域生活を支援するためのサービスが受けられます。
  • 手話通訳者等の派遣
  • 移動支援(外出のための付き添い支援)
  • 訪問入浴サービス
  • 相談支援
  • 日中一時支援(日中活動、下校後の活動の場の提供)
  • 日常生活用具の給付(日常生活を容易にしたり、介護者の負担軽減のための給付)
    【特殊寝台、特殊尿器、入浴補助用具、ストーマ装具など】
費用サービスごとに負担していただく割合等が違います。

児童手当

対象者中学校修了前の児童を養育する方
内容

家庭における生活の安定と次世代を担う児童の健全育成及び資質の向上を目的として支給されます。
(支払月:2月、6月、10月)

  • 支給月額
    • 3歳未満        15,000円(一律)
    • 3歳~小学校終了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
    • ・中 学 生        10,000円(一律)
      ※所得制限世帯は一律一人あたり5,000円(年齢問わず)

児童扶養手当

対象者離婚、死亡等により、父または母と生計を一にしていない、もしくは父または母が一定の障害の状態にある児童の親または養育者(所得制限あり)
内容 生活の安定と児童の健やかな成長を願って支給されます。
   支給月額      全額支給 42,330円
               一部支給 9,990円~42,320円
                (2人以上の場合は加算があります。)

ひとり親家庭生活応援給付金等

山形県の実施する高等職業訓練促進給付金(※)の給付を受けて養成機関で修業している母子・父子家庭の父または母に、生活費の支給と賃貸住宅料の支援を行います。申請手続き等については、中山町健康福祉課までご相談ください。

ひとり親家庭生活応援給付金

対象者高等職業訓練促進給付金(※)の給付を受ける者
給付額月額5万円
添付書類高等職業訓練促進給付金の給付を受けていることを明らかにする書類

ひとり親家庭住まい応援給付金

対象者高等職業訓練促進給付金(※)の給付を受け、中山町に所在する民間賃貸住宅(公営住宅、社宅等を除く)に住民登録があり、他の公的制度による家賃補助等を受けない者
給付額月額2万円(家賃が2万円に満たない場合は、家賃として支払った額)
添付書類高等職業訓練促進給付金の給付を受けていることを明らかにする書類
民間賃貸住宅に係る賃貸借契約書の写し

※高等職業訓練促進給付金

母子家庭の母や父子家庭の父が、看護師や保育士などの資格取得のために専門学校などの養成機関で1年以上修業する場合に、生活費を支援するために山形県が給付金を支給します。児童扶養手当受給水準の所得の方が対象です。

支給額町民税課税世帯:月額70,500円 非課税世帯:月額100,000円
問合せ・申込先村山総合支庁生活福祉課(寒河江市大字西根字石川西355 Tel:0237-86-8212)

詳細は、山形県ホームページ<外部リンク>をご覧ください。

特別児童扶養手当

対象者 20歳未満で、一定の障がいがあると認められた児童を監護している方
 (判定は所定の診断書に基づき、手当の審査医が行います。)
内容 精神または身体に障がいがある児童の福祉を増進するために支給されます。
   支給月額 対象児童数1人につき
     1級(重度) 51,500円
     2級(中度) 34,300円

特別障害者手当

対象者精神や身体に著しく重度の障がいが重複しているため、日常生活において常時特別な介護が必要な20歳以上の方(所得制限等あり)
内容 負担の軽減により福祉の増進を図るために支給されます。
   支給月額   対象者1人につき 26,830円

障害児福祉手当

対象者精神や身体に重度の障がいを持つため、日常生活において常時介護が必要な20歳未満の方
(所得制限等あり)
内容 負担の軽減により福祉の増進を図るために支給されます。
   支給月額   対象者1人につき 14,600円

子育て支援短期入所

対象者児童の保護者が疾病や出産、事故、災害等の事由により、養育が一時的に困難になった家庭
内容児童福祉施設において原則7日以内で児童の養育等を行います(日中のみ)。
  • 費用 所得や児童の年齢に応じ、1人0円~5,350円/日

お問い合わせ先

中山町 健康福祉課 福祉子育て支援グループ、介護支援グループ(保健福祉センター内)
   〒990-0406 中山町大字柳沢2336-1 電話 662-2673、662-2456

このページに関するお問い合わせ先

ページ上部へ