1. トップページ
  2. 組織で探す
  3. 住民税務課
  4. 【消費生活の窓口から】 公的機関をかたる不審な電話に気を付けましょう!

ここから本文です。

掲載日:2017年6月15日更新

【消費生活の窓口から】 公的機関をかたる不審な電話に気を付けましょう!

【消費生活の窓口から】


公的機関をかたる不審な電話に気を付けましょう!

消費生活センターや国民生活センターなどの公的機関をかたり、電話で「個人情報が漏れているので削除してあげる」などと持ちかけ、お金をだまし取る詐欺が発生しています。

公的機関が「個人情報を削除してあげる」などと電話をかけることは絶対にありません。決して個人情報を教えたりお金を支払うようなことはしないで、相手せず、すぐに電話を切るようにしてください。

【事例】 

「国民生活センター」の○○と名乗る人物から「最近、不審な電話がかかってきていないか。注意を促している。」と電話があった。しばらく話を聞いていると「あなたの個人情報が数社に漏れている。このうち××社だけは削除できないので、代わりの人を立てる必要がある。△△氏という人物が代わってくれる」と言われた。その後△△氏から電話があり、××社に電話するように言われた。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

ページ上部へ