ここから本文です。

掲載日:2017年6月1日更新

禁煙週間を実施します

ただいま「禁煙週間(平成29年5月31日~6月6日)」です】

2020 年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~

 

喫煙が健康に与える影響は大きい上、受動喫煙の危険性やニコチンの依存性を踏まえると、喫煙習慣は個人の嗜好にとどまらない健康問題です。そのため、生活習慣病を予防する上で、たばこ対策は重要な課題になっています。

わが国でも、世界保健機関(WHO)が定めた世界禁煙デー(毎年5月31日)に合わせ、それに続く1週間を「禁煙週間」とし、今年は2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けての啓発強化を行っています。

また、山形県でも「やまがた受動喫煙防止宣言」の制定し、県民総参加での受動喫煙防止を呼びかけています。

やまがた受動喫煙防止宣言

  1. 誰もがきれいな空気で快適に過ごせるよう、受動喫煙をなくします。
  2. 未来を担う子どもや妊産婦を、県民みんなで受動喫煙の悪影響から守ります。
  3. 県民、事業者等すべての人が、たばこの煙が健康に及ぼす悪影響について認識を共有し、受動喫煙のない地域社会づくりを協力して進めます。
  4. 本県を訪れる人が快適に過ごせるよう、「きれいな空気でおもてなし」します。

 

 

 

 

 

ページ上部へ