1. トップページ
  2. 中山町の観光情報
  3. 中山町は東北一のすももの産地です!

ここから本文です。

掲載日:2017年8月1日更新

中山町は東北一のすももの産地です!

プラムちゃん

プラムちゃん

 フルーツの町を代表するすもも(プラム)は、東北一の生産量を誇ります。  すももの生産量は山形県が全国で4位であり、その30%を中山町が生産しており、生産地として高い評価を得ています。  すももは、中山町の西部、豊田地区を中心に生産されており、「ふるさと山形の道百選」になった「中山町プラムライン(町道金沢大江線)」沿いに園地が広がっています。

中山町のすももとってもデリシャス! すももワイン

すもも『秋姫』

すもも『秋姫』

すももワイン

左から、
すもものワイン 〈大石早生〉 720ml 1,620円(税込)
すもものワイン 〈秋姫〉 500ml 1,620円(税込)
すもものワイン 〈ソルダム〉 720ml 1,620円(税込)
すもものスパークリングワイン 750ml 1,800円(税込)

7月初旬       大石早生
8月初旬       ソルダム、紅りょうぜん
8月中下旬      太陽
8月下旬~9月初旬  レイトソルダム
9月中下旬      秋姫

その他にも、
 すもものシャーベット、
 すもものジャム
などの加工品があります。

規模栽培面積  46ヘクタール
生産量    617トン
出荷量    555トン
  (やまがた農林水産統計年報 平成17年~平成18年」より)
種類7月初旬         大石早生
8月初旬         ソルダム、紅りょうぜん
8月中下旬       太陽
8月下旬~9月初旬  レイトソルダム
9月中下旬        秋姫
歴史

 昭和になるまで中山町の農業は主に稲作と養蚕でしたが、古くから農家の庭先にはすももが植えられていて、子どものおやつなどで食されていました。
 昭和30年代になると、地元の先達者が豊田地区の気象や土壌条件に適する作物として、すもも(大石早生、ソルダム)を栽培しました。この頃は、農薬散布が無いため虫食い対策に袋掛けを行い、販売も個人で市場に持って行きました。

 すもも栽培が増えたのは、昭和40年代前半にナイロン製品の普及や、果樹栽培に消毒が使われはじめたことで養蚕が減り、伐採した桑にかえてすももを植えようになりました。また、すもも(当時の主品種・大石早生)の収穫時期が早く稲作や他の果物の出荷時期と重ならないため作業しやすいこともありました。
 当時県内で、すももは、販売する果物としては見向きもされませんでしたが、昭和45年にすももを農協に集荷したところ、リンゴに匹敵する収入が得られたことから、すももの産地化を目指し会員20名で「すもも栽培同志会」(現在は会員170名)が組織されました。
 平成になると、すももの出荷量を増やすために加工品が作られるようになりました。平成2年に「すももワイン研究会」が、ソルダムと大石早生のワインを発売、その後に農家のお母さん達の組織「生産学級」がジャムを販売しました。
 また、生食としても高級品種「秋姫」が栽培されるようなり、栽培面積、出荷量ともに増加しました。

 平成18年度に県の「やまがた食産業クラスター事業」で生産者、流通業者、加工業者、山形県、中山町で組織する「おしんすももの会」を発足、「すももワイン」のリニューアル、高級品種「秋姫」のワイン開発、ジャムやシャーベットの開発、販売を開始しました。

 平成19年度から「おしんすももの会」では、「すもも商品」のギフト商品開発、市場の拡大に向け取り組んでいます。

おしんすももの会商品のご案内

おしんすももの会商品のご案内 [PDFファイル/634KB]

Adobe Readerのダウンロードページへ<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ<外部リンク>

ページ上部へ