いも煮会発祥のまち 中山町 文字の大きさ

中山町トップページ中山町の観光観光情報(見る)柏倉九左エ門家住宅



出羽の国の大庄屋  柏倉九左エ門家住宅




柏倉九左エ門家ひなまつり 2016   平成28年3月3日(木)〜4月3日(日)


   柏倉家のお雛様は幕末から明治にかけて集められたもので、珍しい「五人官女」が特徴的です。3月の毎週日曜日には、地元野菜の販売会やイベントを開催します。
 さらに期間中、同時開催で「竹鍛冶のかわらけびな展」が行われます。幻の土人形と呼ばれる竹鍛冶のかわらけびなをぜひご覧ください。

  【期間】 3月3日(木)〜4月3日(日) * 水曜日定休
【時間】 午前10時〜午後4時
【入館料】 高校生以上500円、小中学生300円
【住所】 東村山郡中山町大字岡8番地
【お問合せ先】柏倉九左ェ門家 TEL 023-662-3521
【同時開催】竹鍛冶のかわらけびな展
  
イベント情報

◆ひなまつりとお香を楽しむ会(3月13日、20日)
  
   初めてのお香体験をやさしく手ほどきします。(随時受付、無料)


◆ひなまつり音楽会(3月21日)
   雅楽演奏「山形楽奏」


◆山形大学岩田ゼミナール共同研究発表会(3月13日)

◆中山昔語りと日本舞踊(3月27日)
    中山昔語りの会による昔話の読み聞かせと日本舞踊の演舞


◆「柏倉家ものがたり」発表会(3月27日)
    山形大学人文学部教授 岩田浩太郎氏


◆甘酒振舞い(3月6日、20日)

◆餅つき振舞い(3月27日)

◆新鮮産直市(期間中、3月の毎週日曜日10:00〜16:00)

    
        

その他、山形県内の雛情報はこちらから ↓

 





   

 今年から『中山紅花保存会』の皆さんが大幅に紅花畑の面積を増やして、きれいな花を咲かせてくれました。
 


山形県指定文化財  柏倉九左エ門家

 山形盆地を一望に見渡せる旧豊田村岡地区に、江戸時代に山形城下の大庄屋を勤めた柏倉九左ェ門家住宅が建っています。
 柏倉九左ェ門家は、約4,000坪の敷地に、建物が360坪の豪壮な屋敷で、構造は学術的にも貴重な存在となっています。
 主屋の南方には、京都東本願寺を縮図にした内陣、21畳敷の外陣造りをしつらえた蔵造りの「佛間」があり、鎌倉時代の三代名工の一人の作と云われる阿弥陀如来像が安置されています。
 佛間前にある這松は樹齢500年を数え、主屋の上座敷(県文化財指定)から望む、西南に展開する丘段を利用した、小堀遠州流といわれる築山庭園は別名「鶴亀の庭」とも呼ばれており、四季の草花に出会うことができます。
 母屋西方には元禄4年に建立した三嶋神社(中山町指定)、北蔵(米蔵)を平成19年8月より年4回、郷間正観美術館として開館しています。
 毎年3月から4月初旬には、江戸時代末期から明治時代にかけて集められた享保雛や古今雛が展示されるほか、昔語りやお香などさまざまなイベントが開催されます。

【入館料】 500円(抹茶、菓子付き1,000円)
【開館時間】 午前10時から午後5時
【休館日】 不定休、12月中旬〜2月末まで休館(予約のみ)
【お問い合わせ先】 柏倉九左ェ門家 中山町大字岡8番地  п@023-662-3521

NPO法人柏倉家文化村  п@090-7665-0662
 



 ↓柏倉九左ェ門家や岡地区のパンフレットです。旅の参考にして下さい。
岡地区と柏倉家   岡地区散策マップ   柏倉左ェ門家パンフレット
岡地区と柏倉家(短縮版)WMV形式128kbps   岡地区散策マップ
(PDF形式)
712KB
  柏倉九左ェ門家パンフレット
表面(PDF形式)757KB
中面(PDF形式)784KB





 中山町トップページ中山町の観光観光情報(見る)柏倉九左エ門家住宅